アントシアニンの眼精疲労回復、視力改善作用には、即効性があります。

アントシアニンの摂取後4時間程で効果があらわれ、24時間程度で消失するとされています。

アントシアニンに限らず、食べ物の栄養は、「腸で吸収され」、「血液にのって運ばれ」、最後は体外に排出されるという流れです。

ビルベリーの生果実を摂取してもらい、アントシアニンの血中濃度を測定したところ、腸で吸収されたアントシアニンは血液にのって、1~3時間後に全身に行き渡ります。

その後アントシアニンは尿と一緒に排出され、摂取してから24時間後、尿中からアントシアニンはほぼ検出されなくなります。

24時間で摂取したアントシアニンはほとんど排出されるということです。

ウサギによる実験では、アントシアニン投与後約10分で、アントシアニンを投与されていないウサギに比べて約2倍のロドプシンが確認されたとの事例があります。

このように、アントシアニンは即効性はありますが、カラダに蓄積できないため、毎日継続して摂取することが、目の健康にとっては大切なのです。